WORKSWebシステム開発実績

展示会運営支援来場者データ読み取りアプリ

来場者の名刺情報を即時データ化

来場証に名刺情報をデータ化したQRコードを設け、専用のスマートフォンアプリで読み込み。名刺交換後のデータ化作業を不要にすることで、来場者に対してスムーズな営業アプローチを支援します。

背景・課題- PROBLEM

会期後の名刺整理は大きな負荷、営業機会の損失に

東京ビックサイト、幕張メッセなどで開かれる展示会では、数千~数万の来場者が訪れ、出展者は自身のブースで何人もの来場者と名刺交換をします。「大量の名刺交換ができた!でもどの名刺の確度が高いんだろう?会話した内容は何だったっけ?同じ名刺は混じってないかな?整理するのは大変だな、、、全部で何枚だっけ?」など案外その後の対応に困るものです。

課 題
  • 名刺の重要度、会話内容の記憶が薄れてしまう
  • 同じ名刺が混じっていることを見落としてしまう
  • そもそもデータ化して整理するのが負担

提 案- SUGGESTION

出展者の困りごとを、来場証に一手間加えることで解消します
01来場証に個人情報を暗号化したQRコードを埋め込みます

個人情報を格納したQRコードを来場証に記載します。
暗号化されているため、指定のアプリ以外では個人情報を読み取ることはできません。

02来場証のQRコードを読み取る手段を提供します

専用のアプリをインストールし、ライセンスキーによって有効化します。
アプリで読み込まれたものは端末内にて保存され、メモ書き、指定のメールアドレスに転送することが可能です。

成 果- RESULT

  • 名刺の重要度や会話の
    内容が漏れなく
    把握できるように
    なった
  • 名刺をデータ化する
    負担が大幅に減った
  • 名刺交換した
    来場者にスムーズに
    アプローチすることが
    できた

名刺を整理をしている間に他社のアポが先行し、機会を損失してしまうこともあります。
会期後スピード感のある対応をするためには、素早いデータ化の施策が肝要です。

出展者にサービスとして提供することで出展の満足にも繋がります。